本文へスキップ
妊活サポート隊(不妊カウンセラー・鍼灸師が 貴方の夢が叶うまで サポート)

病院の意外な弱点

あくまで補助生殖医療

病院の意外な弱点の第一は、本当の意味での補助生殖医療なのです。
なぜ補助かといえば妊娠を最も左右するのは卵子の生命力ですが、
現代の医学では、まだ卵子の生命力をアップすることができないからです。

これはわたしが言うのではなく専門の先生が書いた本10冊ほど、
そして当院の未妊さんからの情報(間接的にクリニックの先生に質問した方々の声)を総合しても、
治療で「卵子の生命力をアップできる」と回答した先生はなんとゼロです。
逆に言えば100%の先生が「卵子の生命力は治療ではアップできない」とおっしゃっています。

妊娠・出産に対して直接に力を発揮できないことは、
例えば脳卒中の治療が遅れた場合、
あるいは末期がんの患者さんにたいして、
医学では、もう手が出せないのですが、
不妊においてもこれと同じようなことが言えるのです。


身体への負担が大きい

これは体内で分泌されるよりも強いホルモンを長期間にわたって補充するためです。
個人差はありますが副作用が非常に大きいのです。
(鍼灸でみるみる軽くなりますが)

他の医療分野と大きく異なる点

以前実施していた個別セッションで、カップルでお見えになった男性パートナーがこういう感想を漏らされました。「これだけ進歩している医学なのに、不妊の治療はなかなか結果が出ないですね」と。
もっともな、そしてほとんどの方が感じておられる感想でしょう。

そこで、不妊治療が、西洋医学の他の分野と大きく異なる点と、その理由を書いていきます。

体外受精を2年3年と受けつづけた結果、とうとう夢が叶わず病院の治療をやめ、諦めた。
ところがその後めでたく自然妊娠。
今では2人や3人のパパママになったカップルをわたしは「間接的にですが10組を耳にしています。

間接的という意味は、当院にお見えの方々のご姉妹、親戚、親しい友人(ここまで話してくれるのだから相当親しい友人でしょう)などの方々のことを指します。
なんとなく噂に聞いた、風の便りといったレベルではありません。

さて他の病気ではこういうことがあるでしょうか。例えば〇〇病で2年3年病院に通ってとうとう治らなかった。
ところが、その後に、自然に治った。そうした話がネットでも身近にもゴロゴロしている……


以下、音声がなく、メモより再現する

何年も体外受精を続けた結果、5組に1組しか授からない理由

5組に1組という数値にショックを受けられるかたも少なくありません。

何年も通って5組に1組しか授からない、なんて! と。
こうした「病気」は、なかなかないからでしょう。


ではどうしてそのように成果が出ないのでしょうか。これだけ日進月歩の医学なのに。
なぜ他の分野のように高い率で治らないのでしょうか。

妊娠、出産に最も大きく作用するのは卵子の生命力です。
しかし先生方が100%おっしゃるように、卵子の生命力をアップすることができません
最も重要な部分に関して寄与できないのです。
これが体外受精を繰り返した結果、最終的に5組に1組しか赤ちゃんを抱けない理由です。

ここからはわたしの推測ですが、病院に通うストレスが大きなブレーキとなっている、そう思うのです。
車の運転でたとえてみましょう。
病院でアクセルを踏んでくれても、ストレスというブレーキを踏み続けている。
だから、動かない。
多くの方が結局、授からない理由です。
治療やめたら(つまりブレーキを外したら)自然妊娠できたという例が多い単なる偶然ではないのです。



治療のリスク

西洋医学の治療にリスク(副作用)は避けられません。

わたしが不妊カウンセラーの認定のために勉強した13年前のテキストにはすでに、
体外受精のホルモン療法によって「卵巣がんや子宮がんのリスクがアップする」ということが指摘されていました。

これは他の例からも想像できることです。
かつてアメリカでは、更年期障害の治療にホルモン補充療法が行われていました。
その結果、乳がんが3割も増えたと言うのです。
ホルモンの補充療法は、もともと体内で分泌されていたホルモンが減った分を補充しただけです。




妊活サポート隊

このHPへのご質問、ご要望、ご意見はこちらからどうぞ。
できるだけ早く、お答えし、ご要望をHPに反映してまいります。
これだけは知っておきたい
理想のタイミングが判る方法
卵巣年齢を1週間で若返らせる秘策
高度不妊治療でも出産率は20%
病院なしで84%妊娠の英国組織

最少の費用で授かる秘策
最少の費用で授かるタイプ別の秘策
未妊の方 / 流産とい悲しい経験をなさった方 / 2人目をお望みの方 / 自然をめざす方

ママになる最短コース!
貴女は入学試験直前のようなもの。重要な「科目」に焦点を絞って集中しましょう。その重要な科目とは……
妊活応援ブログ

不妊に悩むあなたを元気づけたい

病院よりも効果があるリラックス
病院の治療より効果的って本当?
東洋のリラックス法 / マインドフルネス / コーピング /

病院の意外な弱点 
他の医療分野とまったく異なる…
低い成績・技術は頭打ち(学会)
知られていない治療のリスク
妊娠しやすくする技術ではない!?
治療を諦めてから自然妊娠者が続出

病院に頼りすぎると…
かえって子宝が遠くなることがあります

ママを諦めかけている貴方に

病院の選び方
トップクラスに差はない。第一印象や相性で
 
代表のご挨拶

不妊専門の鍼灸院である必要はない理由など

男性不妊・ED
女性の不妊と大きく違い、西洋医学がかなり貢献できています。

東洋医学でママに
鍼灸で効果あり〜〜海外の情報 / 冷えは大敵(チェックと対策) / 自分でできるツボ / 呼吸法 / ヨガ・気功など

不妊カウンセラーから

仮事務局(ラポール治療院内)
〒187-0002
東京都小平市花小金井1−14−5 武蔵野プラザ203
TEL 042-467-1780 (出られない時間帯があります。できればメールでどうぞ)
080-3431-6758(9時〜21時、年中無休。留守電あり。必ず折り返しでお電話いたします)

rink
site map