本文へスキップ
妊活サポート協会 準備委員会 (不妊カウンセラー・鍼灸師が 貴方の夢が叶うまで サポート)
トップ

東洋医学的な身体づくり〜〜身体に働きかける


鍼灸を受ける

鍼灸院で45分以上の治療を受ける

鍼灸は専門でなくても、卵巣・子宮にも効果があります。
わたしが修行させていただいた先生は、不妊専門ではありませんでしたが、大半の方をお母さんにしていました。これは西洋医学と違うところです。

自分でお灸をする

足にお灸をする 
仙骨を温める

仙骨は腰椎と尾骨の間にある逆3角形の骨です。
仙骨には4対のツボがあり、鍼灸では「八りょう穴」といって重要視しているところです。ここは赤ちゃんを授かりやすいツボでもあります。

仙骨の下には副交感神経が通っています。この神経は骨盤臓器(卵巣、子宮、卵管など)を支配しているため、仙骨を温めると、卵巣・子宮が刺激されて血行がよくなるのです。
卵巣に充分に血液が通ると卵子への栄養・酸素が行き渡り、元気な卵子チャンが育つのでしょう。子宮内膜も厚くなることでしょう。
ちなみにここを温めると、骨盤臓器だけではなく、全身の毛細血管が開くことが判っています。
温め方ですが、昔はコンニャク湿布をやっていました。
現代は、「ゆたぽん」のような材料がありますので、それを利用なさってみてください。
めんどうなら使い捨てのカイロでも可です。

スワイショウ(気功)
腕の力を抜いて、体幹に巻き付けるように振ります。ラジオ体操第一にもとりいれられています

 

呼吸法

いろいろな流派がありますが、共通しているのは、呼気(吐く息)を長くすることです。
まず、お腹を限りなくへこませて息を吐ききります。力を抜くと自然に空気がある程度入ってきます。残りはゆっくりとお腹を膨らませながら息を吸います。十分に吸ったら、しばらく止めます。そしてゆっくり吐いていく。これを繰り返します。

息を十分に吐いて、お腹をへこませると卵巣・子宮を含む内蔵の血流を物理的にもアップさせます。
代表的な呼吸法に仏教を起源とする数息法があります。
腹式呼吸を基本にして、数を数えながら行います。たとえば3・4・5の呼吸法です。
一. 仰向けになり、おへその下に軽く両手を乗せ、手のひらの温かさを感じながら、口から息を吐ききる
二. 鼻から息を吸いながら「1・2・3」と3秒数える
三. 息を止めて4秒数える
四. 口から息を吐きながら、5秒数える
2から4の1回の呼吸で合計12秒になります。これは1分間に5回呼吸することに相当します。これを10分間行います。
慣れて物足りなくなった方は、1秒ずつプラスして4・5・6の呼吸(1回15秒、1分間で4回の呼吸)を行います。方法は3・4・5の呼吸と同じで、数える秒数を4秒・5秒・6秒に変えるだけです

足裏刺激

人類の祖先は、そのほとんどの歴史を裸足で過ごしてきました。
でこぼこした土や草の上を長時間歩いていたことでしょう。
その刺激が健康を維持してきました。
しかし、われわれ現代人は、足裏への刺激はまったくない、といっていい生活です。
この不足を補うために毎日10分〜15分、足裏を刺激してみて下さい。足裏刺激の気持ちの良さは、身体が刺激を必要としている証です。そして健康に良い証拠です。
ちなみに、足裏刺激によって妊娠率がアップするという研究報告がイギリスにあります。

足裏刺激の材料ですが、青竹や健康グッズコーナーで手に入る足裏を刺激するものならなんでもOKです。ゴルフボールでも大きいビー玉でも、河原の小石でもかまいません。
テレビを見ながら、調理をしながらできるのに、効果は抜群です。1か月ほどつづければ身体にはっきりとわかる変化がでてきます。人によっては、軽い便秘など1日で治ってしまうほどの効果を発揮します。
卵巣・子宮にも効果大でしょう。

ぬるま湯の長湯

40度以下のぬるま湯に20分浸かると、毛細血管が増えることが
ごく最近の研究でわかってきました

血流が良いと、毛細血管を刺激するためのようです。
冬はなるべく汗をかかないように。夏はどんどん汗をかいてください。

足湯

半身浴とは別のものとお考え下さい。いずれ、詳しく書きます。

ストレッチ

気血の巡りを良くするので、お勧めします。
とくに股関節のストレッチは必須といえます。赤ちゃんがなかなかできにくい方々は、股関節が硬いのです。股関節が硬いということは、関節周辺の筋肉が伸びない、つまり縮まっているということです。これを柔軟にすることによって、内臓に戻る血流が良くなり、卵巣・子宮に十分な血液が回るようになります。そうなると、妊娠に一歩も二歩も近づくと言えるでしょう。

真向法

股関節のストレッチ法としては、真向法もお勧めのひとつ。協会のHPがあります。4種類しかないので、アニメーションを参考にすれば、今日から誰でもできます。
真向法協会 http://www.makkoho.or.jp/

ヨガなど

東洋で古くから普及していたヨガや気功や太極拳も、身体づくりには欠かせないと考えています。
何千年もの間、東洋で養生術として発達してきたこれらは、健康の増進にも寄与してきました。
全身の基礎をつくりますから、その一部である卵巣・子宮の機能もアップし、妊娠・出産に寄与するというわけです。
イギリスの「フォアサイト」という、医師や看護士、カウンセラーが作っている自然妊娠をめざすグループでは、鍼だけでなくヨガ、気功、太極拳、指圧などを推奨し効果をあげています。ヨーロッパ人が東洋の健康法を導入しているのも、興味深いところです。
日本の不妊専門クリニックでも、ヨガや気功、太極拳などを取り入れているところがあります。

爪もみ

一般の健康法として、安保徹先生(新潟大学大学院教授)のグループが勧めている方法です。爪もみは副交感神経を優位にして内臓を活発にします。身体の機能をアップし、卵巣や子宮を健康な方へ導きます。多くの病院で月経痛や子宮内膜症による痛みにたいして効果が出ています。
方法は簡単です。薬指をのぞく4本の指の爪の根元を、もう1方の手の指で1本あたり10秒揉むだけです。強さは痛くないていどで効果があります。これを日に2,3回実行します。




妊活サポート協会(仮称)

このHPへのご質問、ご要望、ご意見はこちらからどうぞ。
できるだけ早く、お答えし、ご要望をHPに反映してまいります。
これだけは知っておきたい
理想のタイミングが判る方法
卵巣年齢を1週間で若返らせる秘策
高度不妊治療でも出産率は20%
病院なしで84%妊娠の英国組織

最少の費用で授かる秘策
最少の費用で授かるタイプ別の秘策
未妊の方 / 流産とい悲しい経験をなさった方 / 2人目をお望みの方 / 自然をめざす方

ママになる最短コース!
貴女は入学試験直前のようなもの。重要な「科目」に焦点を絞って集中しましょう。その重要な科目とは……

妊活応援ブログ
不妊に悩むあなたを元気づけたい

病院よりも効果があるリラックス
病院の治療より効果的って本当?
東洋のリラックス法 / マインドフルネス / コーピング /

病院の意外な弱点 
他の医療分野とまったく異なる…
低い成績・技術は頭打ち(学会)
知られていない治療のリスク
妊娠しやすくする技術ではない!?
治療を諦めてから自然妊娠者が続出

病院に頼りすぎると…
かえって子宝が遠くなることがあります

ママを諦めかけている貴方に

病院の選び方
トップクラスに差はない。第一印象や相性で
 
代表のご挨拶

不妊専門の鍼灸院である必要はない理由など

男性不妊・ED
女性の不妊と大きく違い、西洋医学がかなり貢献できています。

東洋医学でママに
鍼灸で効果あり〜〜海外の情報 / 冷えは大敵(チェックと対策) / 自分でできるツボ / 呼吸法 / ヨガ・気功など

不妊カウンセラーから

仮事務局(ラポール治療院内)
〒187-0002
東京都小平市花小金井1−14−5 武蔵野プラザ203
TEL 042-467-1780 (出られない時間帯があります。できればメールでどうぞ)
080-3431-6758(9時〜21時、年中無休。留守電あり。必ず折り返しでお電話いたします)


rink
site map