本文へスキップ

ママになることを願う すべてのカップルの 自力妊活を応援するサイトです

コラムTOPICS

 奇跡を起こすための運動(とくにウォーキング)〜〜            
 

「休み休みウォーキング」の勧め

わたしは15分から20分に1回、5分ほど休むことをお勧めしています。

「何だそんなこと、どうでもいいでしょ」、と思われるかもしれません。
しかし、実は非常に大事なのです。
われわれの「動きたくない」という本能を乗り越える武器だからです。
1時間ほど一気に歩く癖がついてしまうと、その方は「大成」しないのです。

「大成」とは1日たとえば休日には3万歩を歩こうとすれば歩けるような身体になるということです。
「大成」された方々のママになる確率はとても高いのです!

休みなしで1時間くらい歩いてしまうと、疲れます。
疲れるとなんとなく頑張っているような気がしてきます。
しかしこれが大敵。
通勤の方は毎日6,000から7,000歩は歩いている。
つまり1時間は妊活になっていない。
世間の人もふつうにこのくらいは歩いているからです。

お勧めする「休み休み法」なら合計ですが、3時間でも4時間でも苦労することなく歩けるようになるのです。

1例ですが15分歩いて5分休み、また15分歩いて5分休む。これを繰り返すというものです。

15分歩けば、止まっても5分間ぐらい心臓がドキドキしているでしょう。
その間、血流の良い状態が続くのです。
いていないのに血流が良いのです。素晴らしいおまけです!

しかもその間に疲労が取れていくという、もう一つのおまけまでついているのです! 
そのため、「休み休み歩き法」を続けていると、いくら歩いてもほとんど疲れないのです。

一方、休まずに連続で60分を歩く場合です。
終わったあとの5分を考えてください。
1
時間歩いても、血流の良い状態というおまけが5分しかありません。

休み休みの場合、血流が良い状態が20分もあるのに対して連続はたった5分なのです。
しかも疲れる。

「休み休み歩き法」がいかにご利益が多いかがお分かりいただけたでしょう。



 NEWS